<< 【夏の3連休特別企画】あのヒト... こんなアタシでごめん!な瞬間 >>

うどんちゃん献血顛末記

e0037184_2140626.jpg


ある朝、事務室の外がブルルン、ブロロロン、と騒がしい。なにか大型車が入ってくる音がするだ。

なにかねえ、と思って窓を覗いてみたら、あら~

セバスチャーーーン、献血車来ているだよ!

するとセバスチャン、首を左右にブンブンもげるかと思うほど振って、
「僕、もう絶対行きません!」

ありゃ~。1年経って恐怖を克服するかと思いきや、増大させているご様子。
*事情の分からない方はまずコチラからお読みくだせえ → 貢献するセバスチャン


さて、前回セバスチャンを献血に行かせておいて、お前は行かなかったのかうどんさんよ、と思われた方は多かったのではねえかと思うのですが、(おらが読んでいる立場だったらそういう突っ込みいれるなあ)行かなかったのではなく献血できなかったのですだ。「ご遠慮ください」といわれておりましたのですだ。


e0037184_21413519.jpg

うるさいよっ# 暖炉のわりには寒そうでねえかっ(八つ当たり)


英国滞在歴に関する献血制限について
↑こちらに該当しておりまして。つっても滞在2泊3日っていうなんかしょぼいんですがねえ。

しかし今年の1月から晴れて献血できる身となったし、今回職場で行なわれる献血は、地元ライオンズクラブさんのご協力で玉子10個入りパックがいただけちゃいますだ。(動機が不純)セバスチャンが行かねえ、つうんならおらが行ってこようかね。

受付会場でまず申込用紙に住所・氏名・年齢・身長・体重等々記入しますだ。
体重ー?把握してないだよ。適当に書いておこう。このいい加減な行動が後々まで尾を引くことに。

用紙を受付のスタッフに渡します。

「うどんさんですね。えええと、うどんさん、今日は出来たらみなさんに400ml献血をお願いしているんですが、こちらに記入されている体重なんですが(気配りが出来ているので決して数字は口にしない)ちょうど200ml献血か400mlかの判断基準となる重さなんですが、確実にこの体重あります?」

あはは、おらが適当に書いちゃったからね。確実にあります。

「では、400ml献血でお願いしますね。」

了解!任せてくだせえ!

申込用紙はデータ入力スタッフへと渡ります。

「えー、うどんさん、うどんさん。あ、こちらにお座りください。今、打ち出した問診票、表に印字してある住所・氏名・年齢に間違いがないかご確認ください。あー、それからですね、申告していただいた体重なんですが、(気配りが出来ているので決して数字は口にしない)確実にこの体重ありますかねえ?ちょうど200ml献血か400mlかの判断基準となる重さなんです。」

あー、適当に書いたおらが悪かっただよう!確実にその重さあるよううう。

「そうですか。分かりました。では裏面の問診票に回答して採血スタッフにお渡しください。」

問診票に記入して採血スタッフに渡します。

「こんにちわ~。うどんさんですね。うどんさん、採血する前にこちらに印字されている体重なんですが、(中略)確実にこの体重あるか確認しますので、こちらの体重計に乗ってください。」

え?体重計まであるの?!
それよりもこの3人がタッグを組んで病院の受付すれば医療ミスなんて決して起こらねえハズ。

おらが体重計に乗ると針はぐうーんと大きく右へ、200かしら?400かしら?どころか、
あんた、体重ごまかすにもほどがあるってところまで振れましただ。

晴れて400ml献血が決定したところで採血となったわけですが、

「あー、うどんさん、残念でーす。比重が足りないので本日献血できませーん。」

え?!何?!比重が足りねえって、おら、不健康ってこと?!

採血スタッフのところに受付スタッフが飛んできて二人係りで説明してくれましただ。

比重が足りない不健康、貧血気味 ということ。
女性は男性に比べて基本的に比重が軽い傾向にあること。
その日の状態、ストレスなどにより比重が変わりやすいこと。
以前より献血できる比重の基準が上がっていること。


比重が軽いからって、不健康だとか貧血だって意味ではねえのは分かりましただ。でも、遥ーーーーか昔、献血していた高校生の頃、「比重が軽い」なんておら以外の人に起こる現象なんだ、って思っていたもので、


ああ、おらってもうパツンパツンに輝いていた18歳のころとは違うのね。。。

献血とは少しズレたところでゆるくショックを受けるおらなのでした。

採血の段階で「本日は献血できませーん」になる人は意外と多く、せっかく来てくださった有志にそのままお帰りいただくのは忍びないのだけれど、と、おらに玉子を渡しながら(参加賞)スタッフさんが言いましただ。

「人を助けよう!と思ったらやはりより良いものをあげたいではないですか」

そうだねえ。「ボランティア」というとつい自己中心、上から目線で捉えがち。相手の立場からものを見て初めてボランティアの意義があるんだ、ということがこの言葉に入っているような気がしますだ。

ということでおらの当面の目標はストレスに負けない血液作りですだな!お肌にも良さそうだ!
そいでめでたく採血にクリアして献血して、玉子と歯磨きセット(献血した人だけもらえる)をゲットするだぞ!
(最後まで動機が不純)


ようやくバナーの貼り方がわかっただぞー!

[PR]
by rangerstrider | 2010-06-30 22:34 | 袋枝路3番地
<< 【夏の3連休特別企画】あのヒト... こんなアタシでごめん!な瞬間 >>