カテゴリ:ぱくぱくもぐもぐ( 83 )

だって花金だから

e0037184_2036229.jpg

「お待たせいたしました~!デザートお持ち致しました!」

店員の兄ちゃんが元気良く運んで来てくれましただ。抹茶白玉パフェ。


隣りのテーブルの家族5名様席から
(あらっ?私達が来たとき、この人のテーブルから天麩羅冷やしうどんのお膳が下げられているところじゃなかったかしら!?)
という視線が一斉に向けられた気がしましたがいいんですだ。


だって今日は花の金曜日、花金だから。


運んで来た兄ちゃんも丁寧な中にも(こいつ、よく喰う女だなあ)という雰囲気がふっと漂った気がしなくもなかったが、いいんですだ。


花金だから。


注文したおらも、正直言うと『ごめんなさい、神様。おら調子に乗り過ぎましただ。うどんと天麩羅でおなかがいっぱいですだ。』という状態ですが、構わねえんですだ。気のせいですだ。


だって別腹だから。花金だから。


ご飯を食べるだけにしようか、スイーツを食べるだけにしようか決めかねて、両方選択した金曜日。


だって花金だもの。そうだもの。
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-21 20:36 | ぱくぱくもぐもぐ

こちらもお忘れなく

エキサイトブログには、ブログパーツちゅうもんが貼れるようになっていて(別のブログでもそうですが)、どんなのんがあるのかと見ていたら、なんでもこのブログを外国語に翻訳するシステムのブログパーツっちゅうのがあるそうですだ。
ワールドワイドな活躍、ちゅうのを目指すおらとしては(意味不明)貼っとかなくちゃ!ではねえですか。

で、早速このブログを英訳してみたのですだが。。。。。。


余計意味不明な
ブログになった。。。
(当たり前)


元の日本語がクセがありますからなあ。ウェブ翻訳も頭を悩ますこってしょうて。ちなみにおらの名前は「Noodle」らしいですだ。ヌードルかあ。。。。
ちゅうことは中国語だと、「包(パオ)ちゃん的袋枝路三番地」になるんでしょうか?
しかし、ヌードルだと、「ラーメンちゃんの袋枝路3番地」でもソーメンちゃんでも蕎麦ちゃんでもいいわけで、豊富な麺文化を「ヌードル」一語で片付けちまうなんて、なんと無神経なんでしょうな。英語って。
(ワールドワイドな活躍の前に世界の大部分を敵に回す不適切発言)



そんなことはどうでもよくて、昨日は別府市の八幡朝見神社というところで日中過ごしておりましただ。現在、別府では「オンパク」なるイベントが開催されておりましてクリスタルボウル奏者のアウルさんが朝見神社でイベントを行なうので、そのアシスタントとしてお手伝いに参ったわけですだが、お手伝いに来たのだか遊びに来たのだかわからねえ一日(笑)

昨日もとても良い天気だったのですだが、室内にじっとしていると寒くて暖房を入れてもらったほど。

ところでここの神社には小さな喫茶店があって、なんでも甘酒が有名ならしい。イベントのお客さんが来る前になにか飲もう、ということになりましてそいじゃ甘酒だね、ってことになったんですだ。普段のおらはどちらかというと甘酒は苦手な部類なんですだが、昨日はふと、飲んでみようかなという気になりまして。

生姜を入れた甘酒を飲んでみたら、これがまあ、


美味しい


さっぱりしていて飲み易い。甘酒ってただひたすら甘いだけ、ちゅうイメージがあったんですだが、こちらのはなんでも麹から手作りだとかお聞きしましただ。

ときには苦手だと思っていることにも挑戦してみると予想外に良い結果を得ることがありますだ。

神社に参拝された際は、甘酒もお忘れなく。


って、これからの季節、甘酒に向かないのが問題だった。(不適切発言の次は自分が無神経だったというオチ)
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-16 21:07 | ぱくぱくもぐもぐ

うどん、うどんを作る。

「うどんちゃん、うどんの麺って結構カンタンに作れるのよ。」と言い出したのは、堅気の美人主婦で、パン教室の先生でもありながら、「組長」の異名を持つ(前置き長い)ハルカさん。

え?うどんの麺って、ビニール袋に入った生地を作務衣を着て足袋を履いて、腰に手を当ててゆっくりと、しかしリズム良く踏んでいかねえといけないのではねえの?!

「ぷふっ。あれはね、お店屋さんみたいに大量に作る場合。一人二人分作るには手でこねる程度で充分コシがでるの。それから、足で踏むのはコツがいって、素人がやるには難しいのよ。」

やっぱりねえ。まあ、ご家庭で食べる量には作務衣も足袋もいらねえと。。。(カタチから入るタイプ)


しかし、「うどんちゃん」などと名乗りながら、うどん麺は買うものだと思っていたおら。これじゃあ、うどんの名が廃れる、ちゅうもんですだよな。

ということで、うどん麺を作りを習わんと、ハルカ先生の門を叩いたのは3連休の初日の土曜日。


まず、中力粉にお水と塩をあわせたもの、つまり塩水を静かに注ぎいれ、まとまるまでこねます。

ふむふむ。

生地を10分くらいこねます。

なんか楽しいねえ。

整えた生地をビニール袋に入れ、1時間ほどねかせます。でも、時折取り出して、こねます。(これでコシが生まれる)

ひゃ!ねかせている間に生地の状態がどんどん変わっていますだよ!

1時間、ときどき生地をこねるだけでは時間の無駄なので、この間にだし汁や具材を調理しておくとよいでしょう。

今回、具沢山うどんですだ。

生地を人数分に切り分けて、打ち粉をしてのばします。

ここで、ようやく写真を撮る余裕が出来ましただ(というか、ここでデジカメのことを思い出したとも言うが)
e0037184_2236612.jpg


3~4mmほどの厚さに均等にのばしたら、好みの幅に切ります。

「うどんはね、ゆでると膨張するからね。」
! あ、もしかしておらの麺、うどんでなくてだんご汁用になるかも。。。。

湯でうどん麺を10分ほど茹でます。
e0037184_22415296.jpg

鍋の中で踊るうどん麺と、幅広のうどん麺もどき。。。

流水にあて、粘りが取れるまでよく洗ったら、好みのだし汁と具材と合わせて美味しくいただきましょう。

じゃじゃん!
e0037184_22472628.jpg

だんご汁ではなくって「うどん」ですだ。



お・い・し・い~
016.gif


デザートには「レモンのグラニテ」(レモン汁のシャーベット)をいただきましただ。こちらももちろん手作りですだよ。
(ハルカさんの)

手作りの充足感を改めて実感した一日。これで、「うどんちゃん」を堂々と名乗れるですかなあ~おほほ。

ハルカさん、ご指導ありがとうございましただ。
[PR]
by rangerstrider | 2010-03-24 23:03 | ぱくぱくもぐもぐ

ありがとイカちゃん。

今日のお昼ご飯は~♪あはは~~ん

銀ノ塔のお弁当~♪ラララーん

で、こんなお弁当ですだよ、ってご紹介するつもりが、

e0037184_17153873.jpg


ああっ、本能に負けてしまったあああ!(お見苦しい画像お許しくだせえ)

ここのお弁当は以前紹介したかきあげといい、ホントに美味しいですだ。


しかし、さっきからなにか視線を感じる。弁当箱の中から。。。
物悲しい視線を。。。


e0037184_17243942.jpg

いた。



e0037184_17251790.jpg


全身煮汁に染まってお弁当箱にイカいた。



おらはね、イカ、好きですだよ。好きだけど、あの目が、目が怖い。

ずーっと昔に、朝獲れたばかりだっちゅう新鮮なイカをいただいたことがあったけれども、目が怖くて
自分ではさばけなかった。。。

メザシは頭からばーりばり喰うのに、魚が目を見開いてても別に怖くはねえのに、なぜかイカの目は
ちいとばかし不気味だなあ。

どうしてイカはさばくとき目をつぶっていてくれねえのだろうか。。。


e0037184_17355270.jpg


ううっ、しかしイカだって本来海で楽しく泳いでいたのですだ。別にお弁当の煮物になって、うどんに
怯えられるべくして生まれてきたわけではねえのだ。。。


ごめんよ、イカちゃん怖がって。
ごめんよ、イカちゃん。いい歳して80年代アイドルみてえに「目があって怖いの」とか言っちまって。

おらが責任持っていただきますだ。イカちゃん、おらの血となり肉となり生きておくれな。
イカちゃんの目をなるべく見ねえようにしてそっと食べたら、やわらかくて美味しかっただ。


ありがと、イカちゃん。
ありがと、イカちゃん。美味しくいてくれて。
[PR]
by rangerstrider | 2009-11-13 17:51 | ぱくぱくもぐもぐ

本日のお昼ご飯

e0037184_12533620.jpg


蓋をあけた途端に海老の香ばしい香りが広がりましたので、思わず写真に撮っちまいました。

   セバスチャン 「美味しいけど、がっつくと口が痛いです。飲み込めない。」


そんな軟弱なことではランチは楽しめん!
[PR]
by rangerstrider | 2009-09-25 13:08 | ぱくぱくもぐもぐ

おめざフェア

昨日は、パー子ちゃんからお誘いがありまして、ふたりでお出かけ。

向かった先は世界の商品を扱うふるさとのデパート。
そこの催事場で行われている「おめざフェア」がおらたちの目的地。

おめざフェアとは、情報番組「はなまるマーケット」内の「はなまるカフェ」で紹介された
スイーツや食べ物が一堂に会した販売会のこと。

ふーん、いろんな食べ物が紹介されているんですだなあ。

e0037184_1533985.jpg

この人ごみのどこかにパー子ちゃんが埋もれています。

目の前で実際に作っているところを見せられると血が騒いでくるのは、
やはり、子どものとき、デパ地下でちくわが出来上がる過程を見てから
帰るのがお約束だった名残でしょうか。(いつの時代だよ、って?)


おらが子どものときのデパ地下なんてそのくれえしか楽しみがなかったのっ!!


おらたちが行ったのはお昼少し前でしたが、既に完売しているスイーツ、どこまで列が続いているのだ?ちゅう
お店あり、また、手分けして買出しにいく家族を目撃したりで、このフェアの人気ぶりを体感したのでありました。
[PR]
by rangerstrider | 2009-04-27 15:49 | ぱくぱくもぐもぐ

うどんの目覚め

そうだ、この話をするのを忘れていただ。。。


e0037184_20462336.jpg


あれはちょうど、正月のこと。

ゴッドマザーのところに新年のご挨拶に伺って、おじのお相伴で日本酒をいただきながら
箱根駅伝の応援などしていると、昼となりましただ。


e0037184_20475961.jpg


そこへ、かしわ汁の蕎麦が出てきて、日本酒、蕎麦と交互にいただくことになったわけですだが、



「む、うまい。」



なぜか鬼平犯科帳の登場人物みてえになって、蕎麦の美味しさにあらためて気付いたおら。


おらは麺類は基本的に全部好きなのですが、とりわけ名乗るくらいに「うどん」が一番だと思って
いままで生きてきて、蕎麦は、まあ、うどんがなかったら食うわ、という位置だったのですだが、

蕎麦がこんなに美味しかったことにいままで気付かなかったのか、おらは。。。

ある意味、衝撃的。。。

蕎麦が美味しいのは料理上手なおばが作ったからなのはもちろんだけれど、




日本酒と蕎麦が絶妙なコンビネーションを生んでいるのだ!





宇宙的な発見!(言葉の意味が自分でも不明)


e0037184_2153374.jpg



うーむ、うどんが好きなのは変わらねえけれど、うどんを食べながら日本酒をいただこうとは
思わねえなあ。。。


蕎麦好きなひとには極当たり前の組み合わせであろうと思われますが、
おらには衝撃が走るほどの発見でしただ。

これからもっと蕎麦の奥深さを学んでいこう。


うどんが蕎麦に目覚めた2009年の始まり。。。。


写真は本文とはいっさい関係ありません。

[PR]
by rangerstrider | 2009-03-25 21:11 | ぱくぱくもぐもぐ

花時季

久しぶりの投稿になりましただ。


今日はちょっと特別な日ということで、パー子ちゃんとお食事にお出かけしました。

「特選豊後牛」が食べられる静かなレストランは家から歩いて15分。
秋の夕暮れ、お散歩するのにちょうど良い距離ですだなあ~

目の前の鉄板で手際よく焼かれたお肉は、甘くてとろけるようにやわらかくて美味しい~!

食べるのに忙しかったので写真はねえです。


美味しいお肉のレストラン「花時季(はなとき)」の情報はこちら


ああ、そうだった!パー子ちゃん、ご存知でしただか?この方
またなにやら楽しい旅行をなさったご様子ですだよ。


ということで満腹なおなかを抱えて帰ったらブログ鑑賞会。


パー子ちゃん:「わー、綺麗なさんご礁~。これが『グレートバリアフリー』ち言うんやろ?」



また健康で愉快な一年を過ごせそうですだ。






コメント欄閉じています。
よろしければrivendell02jp☆yahoo.co.jpまでメールくだせえ。
☆を@に変えてください。

[PR]
by rangerstrider | 2008-10-08 21:22 | ぱくぱくもぐもぐ

できたよできた

e0037184_653506.jpg

e0037184_6535043.jpg

ベランダで育てたミニトマト、第一陣を収穫しましただ。


かわいくって食べるのもったいないだよう~

でも食べる。ぱくっ。

おいしい!酸味の利いたトマトです。


おいしくなってくれてありがとう。
[PR]
by rangerstrider | 2008-07-30 06:53 | ぱくぱくもぐもぐ

マイブーム

e0037184_2027680.jpg



最近のマイブームはお魚の干物。

あるとき、スーパーの鮮魚コーナーをうろついていて、ふとアジの干物と目が合ったのがきっかけですだ。


考えてみればこれほど調理簡単な食材なのに、買ったことがなかっただねえ。

グリルも活躍の場が増えて喜んでいるだよ。

ところで干物って、日本の朝ごはんに欠かせねえアイテムみてえなイメージがありますだが、


「あのねえ、和食ってヘルシーで好きなんだけど、、、、」
昔、アンが言いましただ。

「あの、宿で出される日本の伝統的なスタイルの朝食は、塩分のオンパレードよねえ。。。
あれはちょっとキツイのよね。」


確かにねえ。味噌汁、梅干、干物、そこに海苔にしょうゆだったりしてね。
おらは和朝食もスクランブルエッグにベーコンの洋朝食もどっちも好きですだ。


ええと、なにが言いたかったのかわからねえ文章はほっといて、おらんちでは干物は夕ご飯のおかずとして
活躍中。単に時間に余裕のねえ朝ではうっかり真っ黒こげにしちまいそうだ、って理由からなんですだが。

そのまんま冷凍しておいて、ぽいっとグリルで焼けるところも気にいっておりますだ。
なんと素晴らしい食材なんでしょうなあ!

写真はトビウオの干物。トビウオがダシとして使われるのが良く分かりましただよ。皮も骨も美味しい!


コメント欄閉じています。
よろしければrivendell02jp☆yahoo.co.jpまでメールくだせえ。
☆を@に変えてください。

[PR]
by rangerstrider | 2008-07-01 20:43 | ぱくぱくもぐもぐ