<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

連休前夜祭

e0037184_22582436.jpg

うっわ〜い!
明日から連休だ!連休だ!連休ですだ!
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-30 22:58 | 袋枝路3番地

3作全部選んでよう

BS1で放送された「アメリカ映画ベスト100 10周年版」を見ていましただ。

第50位が「ロード・オブ・ザ・リング」でしたo(^-^)o
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-27 23:05 | 袋枝路3番地

行ってきましただ!アースデイ中津

寒い!

寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い#!!

いやもう、おら、どっか穴掘って冬眠しようかな、と思うくれえ寒い日が続きましただよな。おまけに天気はぐずついて。

週末はいくらか気温も戻ってきて天気も回復したので、「さあ!外に出るだ!おでかけだっ」って飛び出したら、あら、待ち合わせの時間よりいささか早くついちゃっただよ。

やだなあ、はしゃいだ子供みてえだな、って思っていたら、はしゃいでいたのはおらだけではなかった。
待ち合わせ先のおうちでは、玄関先で水筒振り回しておらを待っている子供がいただよ。

e0037184_2132155.jpg

君のことだよ。こねこむくん。


ということで、最近職場環境がすっかり変わってなにかとストレスたまっているねこむさん、こねこむちゃん親子と「ぱーっと気分転換におでかけしようよ!」とむかったのは中津市はダイハツ九州アリーナで行なわれた「アースデイ中津」というイベント。

入場無料ですだが「ペットボトルのキャップが入場券」。マイ箸、マイ食器、マイバッグ、マイシート持参で、各ブースではお得な割引もあったり。もっともマイ食器持って行ったんですだが、使わずじまいでまだまだエコ初心者。というかですだな、人が多すぎて。。。(言い訳)

とはいえ芝生の上で食べるごはんはおいしくて、気持ちが良い~!

e0037184_21571667.jpg

こねこむさーん、それデジカメですから~!


21世紀生まれのはずなのに、なぜ、昭和の写真の撮り方を知っているのか大いに謎でありますな。

ブースではBellyさんとおしゃべりしたり、ふでし こうさんにことばの贈り物を書いていただいたり、こもん堂さんの陶器を見たりと、楽しい時間を過ごしましただよ~♪

ねこむさん達は新聞紙でのエコバックづくりに挑戦していて、素敵なバッグを作っていましただ。わ~!おらも参加して、作り方習って帰ろう!と言っておきながら、クッキー食べたりイケメンコーヒー飲んだりしているうちにすっかり忘れて家に帰っちまいました。。。。


ほんとにまったくエコ初心者なんだな。。。。
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-19 22:18 | 袋枝路3番地

うどん、撮られる。

昨日の記事でのファーギーの歌は「ビー・イタリアン」ですな。公式サイトにでておりますね。


さて昨日、その「NINE」を見るべく映画館のチケットカウンターへ向かいましたらば、デジカメを持った男性が待ち構えておりましただ。


「うちの広報用にチケットカウンターで日本赤十字社のフリーペーパーや、スニーカーのチラシを配布しているところを撮影させていただきたいのですが、ご協力いただけないでしょうか?」


まあ!日本赤十字社といえばDJ山本シュウさんが、「We are シンセキ~!」と毎朝献血を呼びかけているではありませんか。シンセキの一人として、ぜひご協力させていただきますわ。ただし、事務所に無断でワタクシの全身を撮られることにはご協力できませんのよ。


「(あなたに言われるまでもなく)もちろん、チラシを受け取っている手元だけしか撮影いたしませんので。」


ということで映画のチケットを購入したあとに、カウンターでチラシを受け取っているところを(手元のみ)少しづづアングルを変えて撮影。所要時間3分。

e0037184_1731063.jpg

。。。  映画NINEの華やかさにつられて昨日はついああ言ってしまったけれど、これだけですだ。


。。。。
しかも、「うちの広報」っていうのが映画館なのか、日本赤十字社なのか、映画館の入っている複合施設のことなのかよくわからねえまま。。。

ま、とにかくどっかのチラシかパンフかで、こんな手を見かけたらそれはおらの手です。
e0037184_1782314.jpg

なぜかはわからねど、ホラーチックにしてみましただ。



まあ、ね。普段は出会わねえ状況が面白かったな、と。
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-11 17:15 | 袋枝路3番地

『美しい』だけでは。。。

ハルカさんとふたりで、久しぶりに映画を見てきましただ。

NINE

ダニエル・デイ=ルイス、二コール・キッドマン、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ファーギー、ケイト・ハドソン、とまあ、豪華な顔ぶれがそろったミュージカル映画。

ダニエル・デイ=ルイス扮する映画監督が久しぶりに映画を撮る、ということでマスコミは注目し騒ぎ立て、プロデューサーはガンガン宣伝しまくるのだが、実は監督には新作のアイデアは全く浮かんでいなかった。脚本の1ページも仕上がらないまま、撮影開始の期日は迫っているのだった。

という始まりで、精神的に追い詰められた監督がすがるのは献身的に自分を支えてくれる貞淑な妻、奔放な愛人、ありのままの自分を見てきたベテランの衣装スタッフ、思い出の中によみがえる美しい母、映画の主演女優などなど、魅惑的な女性たち。

いやもう、女性陣は女性性全開で魅力的。ペネロペ・クルスなんて第2チャクラ全開すぎてマイナス方向へ行ってしまっている(誘惑する、ということ)代表的な例ですなあ、という感じ。
最近はスーパーモデルなんかが、がりがりに気持ち悪いほど痩せているのを見せ付けられているので、ペネロペやファーギーのダイナマイトボディを見るとなぜか安心しますだ。(変人?)

グイド・コンティーニが情けねえくれえに女性達の間を行ったりきたり。まあ、これだけ魅惑的な女性に囲まれれば一人として逃したくねえでしょうがね。
ダニエル・デイ=ルイスがですなあ、この優柔不断なダメ男にはまり役なんですだ。

"Thank you for what I'm looking at."

こんなセリフいえるおっさん、そうそういねえですだよ。ちょっと「カサブランカ」を思い出しちゃった。

ただ、こんなに華やかな出演者なのに、ミュージカル映画としては若干インパクトが弱いんですだよな。
よくラジオでも流れている、ケイト・ハドソンの「Cinema Italiano」とファーギーの歌(タイトル知らねえ)ぐれえしか印象に残らねえのが残念ですだ。

ところで、おらがこの映画のなかで一番素敵だなあ、と思った女性はグイドの母親を演じたソフィア・ローレン。もう、おばあちゃん(ごめんなさい!)ですが、すっと背筋を伸ばして堂々と歩く姿といい、表面だけではねえ美しさや迫力が他を圧倒しておりますだ。容姿はとうてい無理ですだが、女性としてはああいう年の重ね方をしてえですだよな。

反対にグイドの”ミューズ”として登場するニコール・キッドマンですだが、もちろん美人ですし、スタイルも申し分ねえのに、ミューズ?といいたくなるほど存在感が感じられねえ。
この人は歌も上手いのにねえ。このキャストの中では「容姿が美しい」ってことだけでは全然目立たねえってことがよくわかりましただ。

ジュディ・デンチ女史は、とにかくこの人が登場すると背筋を伸ばして一語一句・一挙手一投足見逃さず聞き漏らさずいねえと、あとで職員室に呼ばれて叱られそうな気に毎回させられる、という意味ではソフィア・ローレンともペネロペ・クルスとも全く違う強烈オーラを発しています。



さて、実はこの映画を見る前にうどんは「スカウト」にあってしまうのですだが、その話はまた明日。

あ、グイド・コンティーニにスカウトされたんではねえです。
NINE
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-10 20:45 | 映画のこと

ひとつだけ聞いてみたい

グリーンピースがオランダで鯨肉を船に積み込ませなかったって。

日本に来ていれば「食料」だったのに緑の豆(およそ平和とはかけ離れているから豆でいいでしょう)は港に残ったクジラの遺体をどうするんですかな。


まさかそのまま腐らせまいて。
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-03 20:50 | 袋枝路3番地

春爛漫

e0037184_19103857.jpg

e0037184_19103828.jpg

e0037184_19103887.jpg

川沿いの遊歩道がおらのウォーキングコース。

さっきおらを追い越していった自転車のおじさんも、すれちがったご夫婦もみんなラジオを携帯してると思ったら
そうか、高校野球の決勝戦を聞いているのだな。


とうとう桜が散り始めて少しさみしいのですだが、花びらの吹雪の中を歩くのは気分がいいのでちょっぴり複雑な気分。

桜の木を見上げているとメジロでしょうかな、せっせせっせと桜の花の蜜を吸っている。
真下に人間がいることなどお構いなしで蜜に夢中。

桜の花の蜜を吸うなんて、なんて風流なんだろう!

写真の中にメジロがいるのがおわかりになりますでしょうか?
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-03 19:10 | 袋枝路3番地

監督交代!?

夕方、ネットで見つけたニュースにおったまげてしまったもので。

現地ニュージーランドではロケ地探しやエキストラ募集が始まった、と再び「ロード・オブ・ザ・リング」の熱狂が戻ってこようとしている、「ホビットの冒険」の映画化ですだが、ここへ来て、デル・トロ監督が降板することになってしまったのだとか。

詳細はわからねえのですが、スケジュールの都合だとか書いてあるようですだ。
ピーター・ジャクソン監督(今回は製作総指揮)の映画には交代劇が付き物となっちまいましただねえ?

そいで、その後任に就いたのがネットで話題を呼んだ、Born of Hopeのケイト・マディソンさんなんですと!
ご本人の実力はもちろんですだが、Born of Hopeのクオリティの高さやネットでの熱狂振りが監督就任へとつながったらしいのですだ。

先ごろアカデミー賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督といい、ケイトさんといい、今年は女性監督イヤーとなるのでしょうかなあ~



追記
詳細な日本語記事を見つけましただ ↓

コチラ
[PR]
by rangerstrider | 2010-04-01 22:00 | 映画のこと