<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

言葉はかわせないけれど。

e0037184_94984.jpg

e0037184_9498100.jpg

e0037184_949877.jpg

うちのヒメ様、「ヒメエニシダ」。

マニュアルには『花の終わった枝はきりおとしましょう。
ただし10月以降は花芽をつけるので切ってはいけません』
(うろ覚え)
とあって、えー、枝を切るなんてなんかもったいないような可哀相なような
とおっかなびっくり枝を整えたつもりが、勢いある成長ぶりに追いつかず
下向きに枝が伸びるほどになっちまって冬を越しましただ。

待てど暮らせど花は咲かず、なあんとなく髪をぼさぼさに伸ばしたヒメのように見えてきて
今年はあきらめて来年にむけて枝を整えるか!と素人ながら下向きの枝、
しこっているところを思い切って切り落としたら、


あら!


どんどん芽を付けだして、ようやく花が咲こうとしていますだ。

そうか、ヒメ様。ずっと枝を切ってちょうだい!とおらに訴えていたんですな。

言葉はかわせないけどずっとおらに訴えていたんだなあ。ようやくわからましただ。

遅くなってすまねえですだ。ヒメ様。
美しい花をありがとうヒメ様。
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-26 09:49 | 袋枝路3番地

だってサンデーだから

e0037184_2059615.jpg

だってサンデーだから。明日からまた仕事だからパワーをつけなくちゃ!
だからカレーを食べるんですだ。チャイも飲んチャイますだ。
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-23 20:59 | 袋枝路3番地

だって花金だから

e0037184_2036229.jpg

「お待たせいたしました~!デザートお持ち致しました!」

店員の兄ちゃんが元気良く運んで来てくれましただ。抹茶白玉パフェ。


隣りのテーブルの家族5名様席から
(あらっ?私達が来たとき、この人のテーブルから天麩羅冷やしうどんのお膳が下げられているところじゃなかったかしら!?)
という視線が一斉に向けられた気がしましたがいいんですだ。


だって今日は花の金曜日、花金だから。


運んで来た兄ちゃんも丁寧な中にも(こいつ、よく喰う女だなあ)という雰囲気がふっと漂った気がしなくもなかったが、いいんですだ。


花金だから。


注文したおらも、正直言うと『ごめんなさい、神様。おら調子に乗り過ぎましただ。うどんと天麩羅でおなかがいっぱいですだ。』という状態ですが、構わねえんですだ。気のせいですだ。


だって別腹だから。花金だから。


ご飯を食べるだけにしようか、スイーツを食べるだけにしようか決めかねて、両方選択した金曜日。


だって花金だもの。そうだもの。
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-21 20:36 | ぱくぱくもぐもぐ

こちらもお忘れなく

エキサイトブログには、ブログパーツちゅうもんが貼れるようになっていて(別のブログでもそうですが)、どんなのんがあるのかと見ていたら、なんでもこのブログを外国語に翻訳するシステムのブログパーツっちゅうのがあるそうですだ。
ワールドワイドな活躍、ちゅうのを目指すおらとしては(意味不明)貼っとかなくちゃ!ではねえですか。

で、早速このブログを英訳してみたのですだが。。。。。。


余計意味不明な
ブログになった。。。
(当たり前)


元の日本語がクセがありますからなあ。ウェブ翻訳も頭を悩ますこってしょうて。ちなみにおらの名前は「Noodle」らしいですだ。ヌードルかあ。。。。
ちゅうことは中国語だと、「包(パオ)ちゃん的袋枝路三番地」になるんでしょうか?
しかし、ヌードルだと、「ラーメンちゃんの袋枝路3番地」でもソーメンちゃんでも蕎麦ちゃんでもいいわけで、豊富な麺文化を「ヌードル」一語で片付けちまうなんて、なんと無神経なんでしょうな。英語って。
(ワールドワイドな活躍の前に世界の大部分を敵に回す不適切発言)



そんなことはどうでもよくて、昨日は別府市の八幡朝見神社というところで日中過ごしておりましただ。現在、別府では「オンパク」なるイベントが開催されておりましてクリスタルボウル奏者のアウルさんが朝見神社でイベントを行なうので、そのアシスタントとしてお手伝いに参ったわけですだが、お手伝いに来たのだか遊びに来たのだかわからねえ一日(笑)

昨日もとても良い天気だったのですだが、室内にじっとしていると寒くて暖房を入れてもらったほど。

ところでここの神社には小さな喫茶店があって、なんでも甘酒が有名ならしい。イベントのお客さんが来る前になにか飲もう、ということになりましてそいじゃ甘酒だね、ってことになったんですだ。普段のおらはどちらかというと甘酒は苦手な部類なんですだが、昨日はふと、飲んでみようかなという気になりまして。

生姜を入れた甘酒を飲んでみたら、これがまあ、


美味しい


さっぱりしていて飲み易い。甘酒ってただひたすら甘いだけ、ちゅうイメージがあったんですだが、こちらのはなんでも麹から手作りだとかお聞きしましただ。

ときには苦手だと思っていることにも挑戦してみると予想外に良い結果を得ることがありますだ。

神社に参拝された際は、甘酒もお忘れなく。


って、これからの季節、甘酒に向かないのが問題だった。(不適切発言の次は自分が無神経だったというオチ)
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-16 21:07 | ぱくぱくもぐもぐ

怖いの!

連休、みなさまいかがお過ごしになられたでしょうか?

楽しく連休を過ごしたおらですが、現在軽い『恐怖症』に陥っておりますだ。


仕事恐怖症?                                                         違う違う


美味しいもの恐怖症?                                                    違う違う


遊びすぎ恐怖症?      なんじゃそりゃ。





『モノを落とすの恐怖症』 ですだ。

落としたら拾えばいいって?拾えるところならそりゃ当たり前ですだが、容易に拾えねえところにうっかり落としてごらんなさい。

たとえば、家の鍵と車の鍵と一緒に束ねて持っているんですが、これをうっかり手からすべり落としたとしねえ。鍵がまっすぐ足元の穴を通ってその下の勢い良く流れている水路に落ちていったと想像してごらんなせえ。



あっと言う間に『モノを落とすの恐怖症』になっちまいます。

おらの鍵はたまたま近くにいた同僚のH君と上司のすばやい行動によって、無事、手元に戻ってきましたが、次に同じことをやっちまったら2度と戻って来るまい、と思うと『モノを落とすの恐怖症』ですだ。

みなさまもうっかり落とす場所には充分ご注意くだせえ。



H君と上司さんには大変お世話になりました。お二人のおかげで車に乗れ、家に入ることができますだ。
ありがとうございました。
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-07 17:46 | 袋枝路3番地

恒例の、、、

e0037184_11165738.jpg

恒例の交通案内ボランティア中
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-04 11:16 | 袋枝路3番地

【GW特別企画】あのヒトはどんな本質を持っているの?!

こんにちは。うどんですだ。みなさん、連休も折り返し地点へとまいりましたがいかがおすごしでしょうか?

さてみなさん、本屋さんで「誕生日占い」とか、「あなたは誕生日を選んで生まれてきた」とかいうタイトルの本を見かけたことがあるのではねえかと思いますだ。
ことばや文字がそれぞれ意味を持つように、数字にもそれぞれ意味や性質があるのですだ。「数秘術」という言葉をお聞きになったことがあるのではねえかと思いますが、紀元前6世紀の哲学者・数学者ピタゴラスによって学問として確立されました。
が、それよりもはるか以前から各文明において数字のもつパワーや意味が神聖なものとして扱われていたことは(もちろん日本でも)ご存知かと思いますだ。ラングドン教授も熱く語っておられますだよな。

そいで、おらたち個々人も本質をあらわす数字を持っているのですだ。人生においてチャレンジすべきこと、ついつい陥りがちなパターンなどを見ていくことができますだ。

ということで、非常に前置きが長くなっちまいましただが、『【GW特別企画】あのヒトはどんな本質を持っているの?!』
このブログでおなじみのあの方々の本質を覗いてみようではねえですか!


e0037184_1232159.jpg
アラゴルン
生年月日 中つ国第3期2931年3月1日

本質をあらわす数字

「1」という数字は始まり、先頭をあらわします。
まさに、リーダーシップをあらわしています。
情熱をもって目標へ突き進む性質があります。

もうこの数字だけで、9人の仲間のリーダー、
またのちにゴンドールの王となる運命が
あらわされていると思いませんか?

もうひとつ、彼の幼少期に影響を与えていた数字が「4」です。4には土台や安定、安心という意味があります。幼少期にこの数字の影響を受けると、逆に安全や安心に問題を抱える傾向があるそうです。
まさに、父を失い母と共にエルロンドの館に身を寄せ、20歳になるまで素性を明かされずにひっそりと育てられたという過去はこの数字にぴったりあてはまります。
ゴンドールに凱旋して、国を再構築するというのはまさにこの4の性質ですよね。

1という数字はとかく一人で突っ走りやすい傾向がありますが、アラゴルンがリーダーシップを発揮しつつ仲間と相談しながら旅を続けていくのは、エルロンドさんが来る時代の王となるべくしっかり育てたからなんですね。




e0037184_12324280.jpg
フロド
生年月日 中つ国第3期2968年9月22日

本質をあらわす数字

わー!これまたフロドの人生がよくあらわれていますね!
2は協調性、優しさ、繊細さを象徴します。
また、両極性、相対するものもあらわしていますので、
平和なホビットの村から危険な未知の世界へ進まざるを
得ず、しかも指輪のせいで仲間に亀裂が生じ始めたとき、
このまま仲間といるべきか、ひとり指輪を葬り去るべきかどちらかを選ばざるを得なくなります。
また、相対するもの両方が理解できるので、ゴラムを憎みつつも彼の状況を理解して優しく接してしまうのです。
仲介役に立たされることが多いのもこの数字を持つ人の性質といえ、映画ではしょっちゅうゴラムとサムの間に入っています。エルロンドの会議の激論も彼の一言でおさまりましたね。
ただし、1と違って率先して物事を行なう傾向にはありません。「旅の仲間」のラストでやむにやまれず、指輪をもって一人飛び出しますが、ちゃんとあとから忠義者サムが追いかけていって「2人旅」になるところが奥深いですね。

ひとつ面白いことを発見しました。フロドも幼いときに影響を受けていた数字が「4」なんです。さきほど言ったように安全や安心の問題を抱えやすいほかに、緊張しやすい・リラックスできない、といったキーワードが浮かんできます。幼いときに両親を水難事故で亡くし、裕福な家系とはいえ「養われて」育つ、という事実にフロドは子供らしくすごせたのかしら?とふと思ったり。なによりも、彼はビルボとの生活楽しんでいたのかしら(笑)
このエキセントリックなおっさんが変な指輪なんか持っていなかったら、彼はシャイアで平和に暮らせていたんですからね。

ついでですが、誕生日が同じビルボは本質をあらわす数字が5。この数字を持つ人は変化を求めて、新しいことに挑戦することが好きです。旅好きでもあります。いきなり現れたガンダルフにドワーフと旅に出る事を強いられるビルボですが、案外彼に合っていたようですね。また、この数字を持つ人は刺激を求めるので、行き過ぎると中毒になったり、依存症になったりする傾向にあります。ガンダルフがビルボと指輪を引き離したのは正しかったのですね、っつうことは数字を見なくてもよくわかりますがね(笑)




いかがでしょうか?思いつきでやってみたのですが、意外にキャラクターの性質、行動をあらわしていて、トールキンさん、言語学だけでなく数秘も研究なさっていたのではねえかと驚いちまいましただよ。(数字をシンボルとしてみる方向からなら充分ありえますな)

最後に「指輪物語」で忘れてはならない数、「9」。旅の仲間の人数でもありますな。指輪の幽鬼が9人だから、とこちらも9人で構成されるのですが、9にはひとつの物事が完成し、次のステップへ流れを運ぶという意味で「終わり」や「手放し」を象徴しますだ。「9人」と決めたのはエルロンド様でした。エルフの時代が終わり、指輪を葬るという使命が達成されて人間の世がくることを見据えた数なのですだな。意味深いです。
[PR]
by rangerstrider | 2010-05-03 13:24 | 袋枝路3番地