千年医師物語

「ペルシアの彼方へ 千年医師物語Ⅰ」(ノア・ゴードン著 竹内さなみ訳 角川文庫)

この本から始まる物語がとても壮大で、主人公たちが地にしっかり足のついた人達で、
自分の運命をしっかり冷静に受け止めて、あの、それで、いろんなことが起こって、、、
それであの、おら、この物語がどれだけ好きか、きちんと書こうと思ったのですだが、
何度やってもまとまらなくて、それで、ぱくぱく、どうやったらうまく伝えられるか、ぱくぱく、
考えておるのですだが、金魚のように口をぱくぱくするばかりで。。。

そうしていたら、訳者である竹内さなみさんが読みどころをご紹介くださっておりましただ。

そうですだよ!おらが感動した点、惹きつけられた点はまさにここにあるですだよおお!
(なんだか手抜きのように感じなくもないけれど ^_^;;;)

おらが一番尊敬しているのは「ペルシアの彼方へ」に登場するロブ・Jとメアリー。ロブ・Jの、
逆境から這い上がる精神力の強さは二ール・ケアリーに似ている気がしますだ。この二人が
異郷の地で迎える衝撃的な出来事。深い愛情で結ばれている二人だからこそ、乗り越え
られたのだと思うのですだ。メアリーの懐の広さ。生まれ故郷のスコットランドで
ロブ・Jを迎えに戸口に彼女が現れたときにはおらもほっとしちまいましただよ。

一番気に入っているのは第2部「シャーマンの教え」に登場するロブ・J(シャーマン)。
耳が聞こえないというハンディをものともせず、医師の道を歩むシャーマン。
一度、「話す」という能力を忘れてしまった彼のために、家族がつらいことだと承知しながら
とる行動、それによってシャーマンがふたたび言葉を発しはじめる場面では大泣きしちまい
ました。一途にひとりの女性を想い続ける、ちゅうのは女性として、一度は遭遇してみてえ
シチュエーションでありますだ。

口をぱくぱくさせながらも、おらがこのシリーズの好きな点を語ってきたのに、
完結編となる第3部の「未来への扉」になるとがくっとトーンがさがっちまいますだ。
おらがよく読みこんでいねえことに理由があるのですが、
それは決して、主人公が女性(RJ)であるからでも、一冊で話が終わっているからでもなく、
現代の医学がこれほどにも細分化されていることを思い知らされ、専門化されすぎて
しまった結果、医を施す対象に人間がいる、という感覚が消えてしまっている感じがするから
ですだ。RJが田舎に引越しをすると、なぜかほっとしてしまったおらですだ。

宗教や人種問題、中絶問題、様々な要素がからみあってこの壮大な物語を作り上げて
いますだ。何度も読み返すうちにきっと違った面が見えてくるにちがいない。
そこがおらを惹きつけてやまない一番の理由かもしれねえですだ。
[PR]
# by rangerstrider | 2005-08-05 22:16 | 本のこと

うしだらけ

おらの住んでいる山奥のちいさなまちには、たくさんのお土産やさんが立ち並んで
いますだ。遊びにきていただく方々には申し訳ねえですが、別におらたちのまちん中に
なくてもかまわない、つまり、博多にあっても原宿にあっても横浜にあってもかわまない
お店がほとんどで。。。

猫に関するグッズ、犬に関するグッズを集めた小物やさんがおおはやりで、
地元の人間が地元のものを使って、これに対抗するお店を作ってみては、ちゅう話に
なりましただ。


「うし屋敷!」


白黒まだら、黒、茶色。ミルクキャンディー、ビーフジャーキー。お店の前ではホンモノの
牛くんがお出迎え。

けっこう流行そうですが、すでに似たような店があるような、ないような。。。
[PR]
# by rangerstrider | 2005-08-04 22:14 | 袋枝路3番地

Time after Time

本日は家でゆっくりと休養することにしましただ。
台所のレンジ周りの汚れが気になるので、クレンザーと重曹とで磨きあげてみましただ。
床も重曹で磨き、風呂場まで磨いてしまいましただ。

これで午前中を使ってしまったわけですが、一仕事仕上げたような満足感で午後からは
一転、ただひたすら寝るばかりの時間を過ごしましただ。一度、目を覚ましましただ。
昼ごはんを食べるのを忘れておったのですだ。

夕方にごそごそと起き出し、出かける準備をしました。一ヶ月ぶりの英会話の教室に
出席しますだ。おらがやむ得ずさぼっていた間に、クラスメートは
バリ島へ出かけ、”夏のお食事会”の日程が決められておりました。

レッスンでは聞き取りの練習として、「Time after Time」の歌詞の穴埋めをする、
というのをやりました。シンディ・ローパーではなく、なにやらカントリー調の歌手の
歌うCDを聞きながら穴埋めしていくのですが、かなり難しかったですだ。
(ただ単にリスニング力の問題。。。)

ゆっくりした曲調ですが、あともう一度聞かされていたら再び眠気を呼び起こされて
熟睡していたかもしれねえですだ。それにしても、よく聞いていた歌ですが
今日初めて歌詞を知りました。いい歌ですだなあ。
[PR]
# by rangerstrider | 2005-08-03 20:34 | 袋枝路3番地

ミトコンドリアDNA

「理数系」と聞いただけで思考が停止してしまうおらでも、なにかの拍子に、もしくは
晴天の霹靂で、科学的?な分野に興味を持ってしまうことはときとしてありますだ。

たとえば「宇宙はどうなっているのか?どうなっていくのか」ちゅうテーマのBBSを
見つけたときとか。その討論が「ニュージーランド」についての情報提供するサイトで
行われていたのが、また不思議といえば不思議なのですだが。。。

宇宙は膨張し続けているのだそうですだ。

??????どうしてそんなことがわかるのですかね??????

膨張してるっちゅうことはその外側になんかあるちゅうこってすか???

おらの疑問もふくらむ一方ですだよ。どなたかが、宇宙の外側がどうなっているか
説明なさっていたようなのですが、ついさっきまで二ール・ケアリーの最新刊を
寝そべって読んでいて、うっかり寝返りをうった拍子に左の耳からころげおちていって
しまいましただ。

おまけに「膨張している」のは「宇宙が冷えていっているから」なのだそうですだ
(注:うろ覚えです)
パンは温めねえとふくらまねえちゅうのに?!?!?!?!

「イブの七人の娘たち」ちゅう本があって(宇宙とは何の関係もないが ^_^;;)
これもまた科学的分野の本でもあるし、人類が連綿と築いてきた歴史の本ともいえますだ。

母系から受け継がれるミトコンドリアDNAを祖先にむかってたどっていくと、現代ヨーロッパ人の
ほとんどが7人の女性に行き着くのだそうですだ。

「~人」や「~家」や国境や政治や宗教では人類を分類しない、ミトコンドリアDNA。
この本を読むとミトコンドリアDNAとはなにものなのか、なにゆえ重要なのかが
よくわかります、、、だ。本を読むとね。

e0037184_23565172.jpgおらのご先祖さまはどんな人だったのかねえ。。。。

人類の謎を解明していくのもすげえし、DNAをリレーし続ける人類も偉いなあと感心しているおらなのですが、その端っこにも行き着いていねえのに、
「膨張している」とか「その外側になにがある」ちゅう議論ができる方々もすげえと思うのですだ。
宇宙の外側になんかがあるとしたら、宇宙が誕生するまえにはその外側で満ちていた、
ちゅうことなんですか???
おらの疑問はよく理解できていないが故に膨張の一途をたどっているのですが、
正直いうと宇宙議論はすでにおらの思考の外側に出て行っちまいつつありますだ。^_^;;
[PR]
# by rangerstrider | 2005-08-02 23:48 | 本のこと

おらもレモニストのひとり

おらは「期間限定」とか「季節限定」とかいう言葉に弱いですだ。

今日の昼食を物色しに、コンビニへ。クーラー好きの上司が地球温暖化なぞ知ったこっちゃ
ねえ、とがんがんにオフィスを冷やすので、からだの内側から温まるものが食いてえと、
ぴりからチゲ味の春雨ヌードルとおにぎりにしましたが、どうも3時を過ぎるあたりから
腹をすかしちまいそうで。。。

と、お菓子コーナーをちらりと見ていたらe0037184_17334980.jpg
美味しそうなビスケットが。おまけに「期間限定」の文字がパッケージの上におどっています
だよ!
さっそく購入。^_^g""
メインのヌードル&おにぎりを胃に収納してから、デザートとして食ってみましただ。

おいしいーー☆☆


ほのかーなレモンの風味がさくさくの舌触りにあっていますだよ。気いつけとかねえと
食いすぎちまうかもしれねえ。。。

それにしても「LEMONIST」ちゅう、ネーミングはなんなのかねえ。
レモンをこよなく愛する人のことですか?
英辞郎で調べてみたら、
「つづりが違っていませんか?」とあっさりあしらわれてしまいましただ。
[PR]
# by rangerstrider | 2005-08-01 17:43 | ぱくぱくもぐもぐ

道のりはとおい。

今日は立花のお稽古日ですだ。

長いことやっていて、面白みを感じることなく、「時間かかるし」「素材選びがへただし」
かったるいちゅうのが一番先にくるお稽古だったのですだ。

かといって「飽きてしまったから止めますだ」などとは言い出せず、(気が弱い)
だらだら続けてきたのですが、最近になってようやく楽しみながら立花の製作に向かえる
ようになってきましただ。うろ覚えだった役枝の出が(ときどき間違えるけれど)わかるように
なったのと、手早く作業を行う ”裏技” のようなものを教えていただいたからですだ。

まあだまあだ初歩の初心者で、素材の選び方も指導を受けることの多いおらですだが、
以前より面倒くさい感が減ったことがちいとばかしの進歩かな、と思っていますだ。

もうちっとうまくなったら写真を載せますだ。
[PR]
# by rangerstrider | 2005-07-31 15:33 | 袋枝路3番地

なんのために戦うのか

ハードディスクに録画しておいた「地獄の黙示録 特別編」をようやく見ましただ。

春くらいに「NHK BS アカデミー賞受賞作品特集」をやっていたときに録画したものです。

見るのは初めてですが、大音量のワルキューレの騎行をBGMにヘリの大群が向かってくる
ところだとか、マーティン・シーンが泥の川の中からぬうっと現れるシーンなど、「名画」で
あるからか、よく見かけたことがあって覚えていましただ。もっともおらは今回、映画を
見るまで、あの、ぬうっと現れるのはマーロン・ブランドだと勝手に思い込んでいましただ。
どうしてかな?不気味なもので、不気味なシーンはもうマーロン・ブランドだろうと。。^_^;;

顔が全く違うのに。顔といえば、若いときのマーティン・シーン、息子のチャーリー・シーンと
瓜二つ、そっくりですだ。途中から見たら、「プラトーン」と間違えたかもしれねえ。

7年前にベトナム、ホーチミン市を訪れたことがありますだ。帰国の前日、ガイドさんが
リバー・クルーズに招待してくれましただ。マングローブや熱帯雨林の樹木が延々と
生い茂るメコンのゆったりした流れの中でのクルーズはのどかで美しいひとときでしただ。

こののどかな光景がかって焼き尽くされ、親子は決死の形相で戦火を逃れようと、川を
渡ってきたのだ。

任務遂行のために、上流へと進んでいくマーティン・シーンの前に現れる人々はみな、どこか
少しおかしい、とおら思いましただ。爆撃の最中にあっても常にアドレナリンを放出させ、
サーフィンを楽しもうとする将軍。彼が英雄でマーロン・ブランドが逆賊として扱われる違いは
どこなのでしょうな。フランス人の怒りは自分達の土地で明確な理由もなく戦争を始めた
アメリカへ向けられ、しかしそれは自分の利益、植民地時代から続く搾取の利益が
損なわれた怒りでしかない。

美しいけれど、むなしさしか残らない。おらにはそんな映画に思えましただ。
[PR]
# by rangerstrider | 2005-07-30 14:17 | 映画のこと

ニール・ケアリーにはまる

東京創元社のHPで二ール・ケアリーシリーズを見つけ、ちょうど三連休に突入したばかり
(7月16・17・18日)だったこともあって、最初の2冊を購入して読んでみることにしましただ。

面白い!


まだ1冊目の「ストリートキッズ」も読み終えていないのに、月曜日には3冊目を買いに
本屋に走ってしまいましただ。手元に確保しておきたかったのですだ。

結局1週間で3冊全部読み終えてしまいましただよ。

どれも面白いですが、おらは1冊目の「ストリートキッズ」が一番好きかな。

e0037184_1356512.jpg

おりおり語られる、ニールが探偵として鍛えられていく過程が面白いですだ。
(ミス何月のところとかすげー笑っちまいましただよ)
指先にそっとキスするだけ、ちゅうのがなんとも良いじゃありませんか!!

この「ストリートキッズ」は映画化されるとかで、もうすっかりニール・ケアリーシリーズに
はまりまくっているおらなのですだ。

昨日は第4作目が発売されたということで、今週末の予定はほぼ決まったようなものなのですだ。 ^_^
[PR]
# by rangerstrider | 2005-07-29 14:10 | 本のこと