<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

かもめコースター

e0037184_832691.jpg


先日、大分市内の「ぞうのはね」というレストランでランチをいただきましただ。

無農薬のお野菜を使ったメニューがかなり人気のようですだ。実際、とても美味しかったですだよ。ワンプレートでの盛り付け方、ちょっぴりユニークなかたちのおにぎり(近くのデパート地下で販売もしておるのだそうですだ)真似てみてえです。「かもめ食堂」を見て以来、和食、特におにぎりに目覚めておりますが、まだ、実践には至っておりません。

                                   
                                     。。。。。。。。。
                                     それ、「目覚めた」と言えるの??




帰りにいただいたのが、この「かもめ食堂」のモチーフに使われていたかもめ柄のコースター。
わーい!この柄大好きなんですだよ。別のレストランではお店のかたがこの柄のスカートをはいていらっしゃいましただよ。どこで買えるのかねえ。


コースターとして使うとふやけちまうので、小さな額にでも入れて飾ろうかねえ、と思っているところですだ。


ぞうのはね
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-31 09:11 | 袋枝路3番地

子豚ちゃん

e0037184_12171160.jpg


週末はあっこっちふらふら外出し、いつもどちらかというとプチ引きこもりなおらにしては珍しい週末の過ごし方ですだ。

今日も実はお休みで、今日は組長とパン作り体験講座に参加ですだ。おらのようなパン作りのノウハウも器具も持っていねえものには、生地をこねこね、形成するだけでおらは天才じゃねえかと錯覚するような(複雑な工程は主催している教室の方が全てやってくださる)パンが出来上がる画期的(!)な1回だけの講座ですだ。

上記の文章の一部に偽り、誇大表現がねえかと皆さんが確認に来る前に証拠隠滅しちまいました。
写真を撮る間もねえです。(笑)

講座のあとにちょうど時間が良かったので映画を見て帰りましただ。「カサノバ」です。

ラッセ・ハルストレム監督はいつも暖かい。どの映画を見ていてもそう思いますだ。
人物描写が暖かい。どんな嫌な人物でも寛容な心で見守っている感じですだ。
それで嫌なやつの行動も次第に滑稽に描写されていきますだ。
監督が学校の先生だったらきっと何年も昔の教え子から毎年同窓会の案内状が届くような先生じゃないかしら、そう思いながら見ておりました。

うーん、でももうちょっとサスペンスな雰囲気、官能的な雰囲気(赤面)を見たかったな。

きらびやかでヒース・レジャーも素敵でしたがね。

ところでエンドロールのキャストの一番最後に「PIG・・・・・・・××××」(×は伏字ではなく単に名前を忘れただけ)との紹介があったのですが劇中登場した子豚ちゃん、なにか優秀な子豚ちゃんなのでしょうか?帰りの話題でしただ。どなたか俳優さんが子豚ちゃんの鳴き声を演じたのではとの説もおらたちの間には出たのですが、真相は藪の中ですだ。
××××ちゃん、撮影終了後、ハムになっていなければいいのですがなあ~。
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-28 22:16 | 映画のこと

うどん家の積み木くずし

過去の失敗をものともせず、植物栽培に挑戦しつづけているおらですが、この間うっかりやらかして
しまいましただ。

台風10号の接近に、ベランダの朝顔ちゃんを取り込むのを忘れてくーかくーか寝ていたおら。
何かを感じ、はっ!と飛び起きベランダを覗いてみると、朝顔ちゃんは鉢ごとひっくり返っておりました。

飛んでいったりしていなくてよかっただなあ~。

強風に痛めつけられて、枯れたりしねえかしら。心配しましたがそこはさすがにしなやかな朝顔ちゃん。台風などものともせず伸びていっているように思えたのですが、、、、、、、、、、、、、、


倒れたままほっておかれたことが深い心の傷となったのか、支柱に巻きつこうとしなくなっちまいましただ。


「支柱?支柱にテープで継ぎ足した針金なんかにちまちま巻きついていられるかってんだよ#」

               すまないよ、朝顔子、おまえの成長が予想以上に早かったんで
               支柱が足りなくて針金を足したんだよ。おかしくないように緑の針金で
               色を揃えたんだよ。
               かあちゃん、朝顔の栽培なんて小学校以来だから。



母は娘の反抗に心を痛めておったのですが、昨日ベランダへ出てみるとおやまあ、素直に更生しておるではねえですか。
どういった心境の変化か?!どうやらもうすぐ花が咲くので、自分の責任を自覚した模様ですだ。根はほんとに素直な子なんですだよな。



e0037184_9581989.jpg



成長の過程がわかりやすい。どうですだ、この自己責任を自覚したあとの生真面目な巻きつきっぷり。

小さなつぼみがいくつか確認できますだ。毎朝水をやって成長を確認するのがおらの楽しい日課であります。


e0037184_1022237.jpg

[PR]
by rangerstrider | 2006-08-25 10:03 | 袋枝路3番地

ちっとよこうて(休んで)行こうか

今日も暑くなりそうですなあ~

こんな日は慌てず騒がす、「歩行者」も日陰でちょっと休憩中。


e0037184_9553464.jpg

[PR]
by rangerstrider | 2006-08-24 09:57 | 袋枝路3番地

ちょっぴり流行遅れ

おらも発見しましただ!

でも、もう話題にもならねえか。

「根性ゆり」


e0037184_12513432.jpg



アスファルトの隙間から生えてきておりますだ。
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-22 12:53 | 袋枝路3番地

おにぎりに恋する


e0037184_13333351.jpg


「かもめ食堂」面白かったですだ。

とくに何が起こるわけでもねえし、なぜ、フィンランドで日本食なのか、主役3人の女性たちが
なぜ、フィンランドにやってきたのかも、詳しくは語られねえのですが
ほのぼのしていて元気をくれる映画ですだよ。

なにより登場してくる基本的な日本の食事がもうとっても美味しそう!

料理を映画に登場させる(おいしくみせる)のはかなり難しいと、ちらりと聞いたことがありますだ。
おにぎりやとんかつやシャケがとてつもなく食べたくなるのは演出もあるのでしょうが、
小林聡美さんの手際のよさもあるように思いますだ。
かなりお料理が上手な人と見受けますだ。憧れますだよな、料理の手際のよさって。

もたいまさこの存在感が好きですだ。しなやかに、すっと背筋を伸ばして生きてきた感じが
心地よいですだ。

おらのもっかの密かな野望は映画のようなふっくらおにぎりを作って食べること。
(なんてちっさい野望なんだ!^_^;;)

あ、おらは明太子とじゃこもおにぎりの具としては王道に近い次点くれえに置いてほしいと
思いますだ。
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-21 14:22 | 映画のこと

Long kiss goodbye

ああ、、そうでした。今日で終わってしまうのですだなあ~
テパパのロード・オブ・ザ・リング展。

楽しかったなあ~見ごたえあったなあ~
かなり本気でもう一度見たいと思っておりました。

e0037184_1310965.jpg

またどこかで会えることを願って
とりあえずいまは、

ありがとう!
ナマリエ!
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-20 13:05 | ニュージーランド

150台展示中

道に迷う、ちゅうのも決して悪いことじゃねえとおら思いますだ。

一緒に迷わせてしまった人が寛容なこころの持ち主である場合はなおさら^_^

普段はほとんど行かねえ通りで面白いものを見つけちまうこともあるのですだなあ~

e0037184_12321437.jpg


携帯でささっ!と撮ったので写りが悪いですが、小さく「150台展示」と書いてありますだ。

ミニカーなのか?足漕ぎの車なのか?手押し車か?!

気になる館。
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-17 12:35 | 袋枝路3番地

ともしび

わたしたちが今日という日をいきているということ

蝉しぐれの暑い陽をあびているということは

とても大きな意味のあることだと思う。

わたしたちがいきていくことには

「過ちは決して繰り返しません」という

大きな責任が伴っていると思う。

無辜の命を絶たれた人々の

海に消えていった青年たちの

一瞬で灰になってしまった少女の

日本が蹂躙してしまった国々の人々の

いまなお癒えない傷を抱えて生きる人々の

うえに成り立った平和という名の下でいきているのだから。

過ちを決して繰り返さない責任は大きい。

こころの中に責任のともしびを絶やさず生きるだけ。
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-15 12:54 | 袋枝路3番地

戻ってきて!必ず。

とうとう出てしまいましただ。ニール・ケアリーシリーズの最終巻。
このブログの始まりはこのシリーズの紹介でしただなあ。

最後なのだから、ゆっくり読もうと思ったけれど、
e0037184_11455525.jpg

無理ですだ。



引き込まれて一気に読んじまいましただ。
抑えきれない(苦笑)

前4作と違い、ニールの内面にスポットがあてられて
おりますだ。

これで終わってしまうのかと思うと、とてつもなくさみしいですだ。
ただ、巻末の解説に、このシリーズのファンに希望を持たせてくれる一文が載っておりました。

おら、待っておりますから!!
[PR]
by rangerstrider | 2006-08-14 11:54 | 本のこと