<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

みんな結果的にはTOGETHERなんだぜ。

お昼ごはんに、コンビニ行って「ミニ冷やし中華」と「グリーンサラダ」とサラダ用に「ノンオイル青じそドレッシング」を買いました。

事務室に戻り、冷やし中華のトッピングを麺の上にのせ、中華スープをかけましたが、

スープ少なーーーーーーーーい。



それは青じそドレッシングでした。


おらのムンクの叫びはフロア中にこだましました。

青じそドレッシングと中華スープ、ダブルの味付けの冷やし中華は悪くはありませんでした。

麺を食べ終わった後にサラダに移りました。青じその香りと中華の味とそして時々からし、という
「東京タワー」みてえなサラダも悪くはありませんでした。


結局は胃の中でみんな一緒になるんだからさ。


あえてノンオイルを選んだ意図が自分でもよくわかりません。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-31 12:41 | 袋枝路3番地

皆既月食

e0037184_2116446.jpg


皆既月食!
あいにく会議で月食の始まりは見ることが出来なかったのですだが、会議を終えて、外へ出てみると
干した杏のような薄らぼんやりした赤い月が頼りなげに空に浮かんでいるのが見えましただ。

地球の影に隠れると赤くなるらしいですだなあ。

帰宅して夕ご飯の準備を始めていると、お月さまが元に戻り始めていましただ。

未熟な腕なりに6年ぶりの皆既月食を記録に残さねばっっっ!

薄らぼんやりなんて言ってすまねえですだ。お月さま。地球の影から顔を出したごく僅かの月の輪郭のなんと明るいこと!
次第に大きくなっていくお月さま、なんかおらの家のほうに近づいた気がするのですが。。。

お月さまの光には人を癒す力があるのだそうですだ。また、満月などは人をおかしくさせるともいいますが。
お月さまの光で出来た影で、お友達(恋人でも家族でも)の影にそっと触れ、肩などなでてあげると肩こりなんかが癒されたり
する、、、かもしれねえ。医学的効力がなくとも信じていたい力ではねえですか。

お月さまの光は単に太陽の光に照らされているだけだ、で片付けてしまうのはナンセンス。
直視出来ねえ太陽だけれど、お月さんはその強い光をかくも和らげておらたちに届けてくれているのですだ。
すごい力ではねえですか!

そこはかと焦げ臭いにおいと共に。。。



?!



ぎゃ!おらの夕ご飯!



e0037184_21384639.jpg

[PR]
by rangerstrider | 2007-08-28 21:43 | 袋枝路3番地

新鮮さ~美味しいさ~

「お茶しよう!」という名目で組長(といっても美人で堅気な人妻)と出かけたショッピングモールで遭遇したのは


「沖縄の物産展」


デパートやスーパーマーケットでなにが好きって、そりゃー星の数ほどあるけれど(見てるだけ、とか、
ちょっと着てみるとか、ちょっと食べてみるとか、手触りを確かめてみる、とか試供品をもらう、とか)
「物産展」を素通りするなんて真似はできねくれえ好きですだよ。

お茶は後回しにしてさっそく会場へ。おらたちを出迎えてくれたのは、ぶたちゃん(本物)の顔。
ぶたちゃんの顔の皮を見事にはぎとったものですだ。言葉にするととてもオカルトチックですだが。

「ぶ、ぶ、ぶたちゃんの顔が。。。」
組長が憐みと恐怖が入り混じったような複雑な声をあげるのをミミガーのスライス(試食)を味見しながら聞いていましただ。
試食をするおらたちをぶたちゃんが冷静に見つめていますだ。
このぶたちゃんのお顔のスライスは「チラガー」というのだそうですだよ。

「よくまあ、こんなにきれいに顔をはぎとれるものですだなあ。」
おらはFBIの捜査官みてえな感想を店員のお姉さんに言いました。
「そうだねえ。ワタシもどうやるかは知らないけどサ。」
販売意欲とは反比例した興味のかけらもないような返事が返ってきましただ。まあ、仕方ねえよな。
1日ぶたばかり売ってりゃ、そのうち顔も見たくなくなるってえもんで。

e0037184_2216498.jpg

圧縮麩は水で戻して調理するわけですが、味が良く浸みているのに適度な歯ごたえが残っていてうまいのですだ。
そのまんまトーストやピザ生地のかわりにも使えます。

おなじみの食品から工芸品まで並ぶ中でおらが惹きつけられてしまったのは
e0037184_22282875.jpg

海ぶどう。

あー、これ、テレビで見た!テレビで見た!食べたい!食べたい!水槽の中で泳ぐ(*水流に踊らされているだけ)海ぶどうの涼しげなこと。
わー、お口の中でプチプチしていますだよおお~~

「冷蔵庫に入れずに常温で保存してくださいね。それからタレやドレッシングをかけるのではなくてお刺身のようにつけて食べてくださいね。」

え?常温?

「冷蔵庫に入れてしまうと風味が損なわれてしまうので、直接日のあたらないところで常温で大丈夫です。
食べる直前に水で、できれば氷水でさっと洗うと良いですよ。」

早速夕ご飯に半分食べるとしよう。^-^ 青じそドレッシングと良く合いますなあ~
ああは言われたけれど、ついつい冷蔵庫に入れそうになっちまうので食卓に置いておいて眺めるとしようかねえ。
美しくつやのある緑の粒が食べても良し、眺めても良しですだなあ。

キッチンで簡単に栽培できるハーブやプチトマトのキットがあるくれえだもの、ご家庭で簡単に育てられる
海ぶどうキットなんてのが出来ねえものかねえ。もちろん水槽付きで。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-25 22:51 | ぱくぱくもぐもぐ

癒しの音色

昨日は、肉じゃがが食べたくって、肉の入っていない肉じゃがを作りましただ。
正確には、じゃがとニンジンと玉葱とこんにゃくの煮物というべきなんですな。

それときのこのお味噌汁。

夕方には激しい雨がやってきましたが、それまでの重苦しい湿気の多い空気の中、コンロに鍋が2つもかかっていて、
額の汗が鍋に落ちないように気をつけて味付けしながら、ふと、思いましただ。


こんな暑いときに肉じゃが、正確には、じゃがとニンジンと玉葱とこんにゃくの煮物を食べたいなんて、おら、



変な人なんだろうか?



なんか、さみしくなってきましただ。
夏はやっぱり夏らしいものを食べるべきなのでしょうか?こう、スパイスがぴりっ!と効いたもの。
ってことで麻婆茄子も作りました。これでわびしい気分も払拭ですだな。

さて、その夜のことです。
おらが新しい矢と矢筒に満足して眠りに就こうとしたそのとき、窓の外から聞こえてきましただ。

リ、リリ、リーリーリーリーーーリー リリ、リーリーリーリーリーーーリー


虫の音だっ!

連日の酷暑にもスコールのような激しい雨にも負けず、虫は音色を響かせにやってきたのですだよ!
なんか、おら、感激しちゃったなああ。

ええと、この鳴き声は鈴虫だったっけ?松虫だったっけ?コオロギだったっけ?
童謡「虫の声」(というタイトルでしたよな?)を歌ってみればすぐわかるだよ。

あれ♪。。。




あれ♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










あれっ?!

最初に登場してくるのは松虫でしたっけ?鈴虫でしたっけ?!
そこでつっかえたらダメじゃん>-<
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-23 12:09 | 袋枝路3番地

うどん、初めての訪問。

言ったところでどうにもならねえけれど、、、、、、、


あぢい#!!


今日はお休みをいただいて、買いに行ってきましただ。


e0037184_16565432.jpg



矢。

おらが練習させてもらっているのは高校の弓道場なんですが、ここの学校の弓道部が消滅してしまって久しい。
弓のほうは部員たちが残していったものを使わせてもらっていますが、矢のほうは状態のよいものが少なくって、
選るようにして練習いていたのですだ。
おらが昔使っていたのも、長年滑空させていたもので3枚の羽のうちの1枚はすっかりぼろぼろ、というより消えてしまっております。
(1本の矢に3枚の羽が付いています)

そこで、大きな試合が近づいていることもあって今日思い切って買いに行ったのですだよ。

ところでおらって、弓具店に行くのって初めて。

学生時代は庶務係が代表で買いに行ったり、弓具店さんが道場のほうへ出張販売に来てくれたりだったので、
弓具店の中ってどんななのか興味深々な反面、なんか緊張気味。

おらみてえな素人に毛の生えたのがふらりと行って、白いおひげの孤高の老人みたいなひとが弓の手入れをしながら
「弓道哲学」を延々と聞かされたりしたらどうしよう。。。(想像走りすぎ)

で、どうだったかというと弓具店なので、弓道に関する道具、弓・矢・かけ(弓道のグローブみたいなもの)
・道着・その他もろもろ販売しています。当たり前じゃん!^_^;
弓道哲学を聞かされることもなく、親切なお店のひとが対応してくれました。

矢は好きなものを選んだら、最適な長さに切ってくれますだ。最適な長さというのは腕を横にまっすぐ伸ばして、
首の付け根のくぼみのところから指の先まで+α(10センチくらい?)ですだよ。

まっさらな羽。滑空させねえようにうまく引かなきゃねえf^_^;;
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-22 17:39 | 袋枝路3番地

熱いぜ!めじろん

やってきました。高原のラグビー場。本日は、来年の大分国体に向けてのリハーサルイベント、
「少年ラグビー」の競技が行われますだ。

おらは、「少年ラグビー」って言うからそこら辺をちょろちょろギャーギャー走り回るガキん、、、
ごほん、ゴホン、お子様たちの集団と「うちのナントカちゃんが転んで怪我でもしたらどうしてくれるの#」「あんなところからじゃ、うちの可愛いナントカちゃんが見えないじゃないの#」「給食費は払わないわよ」「うちのナントカちゃんが心配、いますぐここに呼んでよ」とかのご父兄の方々がうじゃうじゃいる(*多分に偏見)会場を想像していたのですだが、あれっ?!
「少年ラグビー」って高校生でしただよ。(よかったー  f^_^ホッ←何の安心?)

大会のお手伝いとして早めに会場入りしたときは、高原の風がちょっと肌寒く感じるくらいの清々しい朝でしたが、気温はぐんぐん上がり、9時の時点で日陰から不用意に出たくねえ感じ。

「少年」とはいえ、目指せ花園!のガタイの良い高校生たち。まだ幼さの残る顔立ちだけど、まじかでスクラム組まれたりするとすんごい迫力だあ@-@

e0037184_18204020.jpg

こどもたちも大会を盛り上げます。


ラグビー会場は最近出来たばかりのピカピカのおニュー。2面のコートがある広ーい競技場の
周りを森の木々が囲んでいて、これでさわやかな風が吹き抜ければ最高なんだけれど、昨今の気象状況ではそこまで望めねえですな。

みなさんにこの会場の素晴らしさをお伝えすべく撮影したわけですが、

e0037184_182057100.jpg

競技場の素晴らしさ、選手の迫力よりも、役員がブログ用の写真をとっていてもいいものか躊躇葛藤がよく表れた写真となりました。

それにしても競技中、熱中症を起こす人が出なくてよかっただー。
(おらは冷えピタちゃん愛用してました)
この中から将来、オールブラックスで活躍する選手とか出るのかなー。
楽しみですだ。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-18 18:54 | 袋枝路3番地

美人で20歳まで。

昨日は盆踊り大会で、おらも職場の方たちと踊ってきましただ。

\( ̄ー\)(/ー ̄)/\( ̄ー\)(/ー ̄)/

それにしてもこの盆踊りというもの、日本各地にあるのに、ちょっとエリアがずれると踊りも
「くどき」と呼ばれる歌も変わるようで、またこちらの地区ではだいたい3種類くらいなのに
隣の地区では10種類も踊りがあるとか、なんかおらにはすっごい不思議 @0@

それでふと思い出したのは、スイスやベルギーだとかいろんな国で、フランス語やイタリア語や
フラマン語(ってあったっけ?)やナントカ語やカントカ語が複数使用されている生活ってどんな感じなんだろう?って思っていたのですが、


つまりはこんな感じなのだな。


自分ではすごい発見をしたように思っていたけれど、さらによく考えてみれば、ニュージーランドでも、マオリ語放送のテレビチャンネルと英語放送のチャンネルがあったし、NHKも見れていたから(衛星放送だけど)


つまりはそう驚くことでもないか。


なんだか遠回りして結局元のところに戻ってきちゃったようですだなあ。


ところで盆踊りの「くどき」はいったい何とくどいている(歌っているのか)よくわからねえ。
言葉が古いし、独特な節回しで、もっともおらも踊りの師匠についていくのに必死で
あまりくどきに気を回していなかったけれど、よく聞き取れる部分だけに意識を持っていって
みると


お茶もお菓子も嫌いなら
17・8の若いお嬢さんの手枕なんで
どうでしょう?



てなことをくどいているではねえですか!


17・8の美人姉妹がいて
お姉さんが病気になって
妹が見舞いにいった



で、どうしたのさ?また若いお嬢さんが登場してる!

これは「供養盆踊り」なんだけど、どうして二十歳前の美人なお嬢さんばっかし出てくるのだろう?いいのかなあ?美人じゃねえといけねえのでしょうか?供養になっているのか?

なんかPTAのおばちゃんのような、ひがみな年増のようなコメントになっちまったけれど、
今度のおらの関心は盆踊りのくどきにフォーカスしちまいました。

来年までこの関心、続くかしら?(いや続かないだろう^_^;)

ところで前後が全くわからないけれど、くどきの中に「西郷隆盛さんの娘さん」も登場してきます。
やっぱり美人なのでしょうか。


美人なおねーさんはこのくらいにして、おねーさん以上に謎なのはくどきの合いの手。
「ヘントコドスコイ」とか「それーやそれーや、あとやんそれさーん」(*正しいかどうかも不明)なんていうのは意味がわからないなりにも、リズムが「ああ、日本の合いの手」という感じなのだけれど

「キョウノハリハリ チョウノエイエイ」

なんて、ホグワーツ魔法学校で呪文に採用されかけたけど、最終選考で残念ながら落とされたって感じがするのですだよ。

まあ、なんだかんだ言いながら、みんなで浴衣で集まるこの行事がとても好きなのですだよ。
美人なおねーさんのことしかゆってなくても。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-17 15:27 | 袋枝路3番地

昭和とはどんな眺めぞ花へんろ

「還らざる 人も歩けや 花へんろ」

花へんろ
好きなドラマでしただ。もっとも全部は見ていねえのですが。

個性的で味わいのある人々が魅力的で、どこかユーモラスな話はこびですが次第に物語の中にも戦争の影が深く入り込んできますだ。(それにしてもこのウィキペディア、3章のあらすじがねえのはなぜでしょう??)
富屋も例外ではありませんでした。


優しく、音楽好きの照一の次男は、南方の戦地からお嫁さんのもとに帰ってくることはありませんでした。
ヒビの入っためがねだけが戦友の手によって富屋に戻ってきました。

広島で商才を発揮していた蝶子さんは溶けたガラスの玉をわが子の代わりに抱えて戻ってきました。
明るく溌剌としていた彼女の健康が元に戻ることはありませんでした。



フサ子さんと蝶子さんが互いをいたわりあうようにしてお遍路の旅に出る姿が印象的でしただ。

今日も照りつける日差しの中、終戦記念日のサイレンが鳴り響きましただ。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-15 14:41 | 袋枝路3番地

実盛どんの天気予報

あじーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



実盛どんも暑そうですだなあ。晒が真っ白だもんで、なんか日焼けを気にしているように見えちまって。本番前にねえ。

e0037184_2014334.jpg

武士たるもの日焼けなんぞ怖くはないわ!
いや、しかしホントに燃えそうに暑うござるよ。




e0037184_20183060.jpg

今日はこれから一時的に雷雨になるでござるよ。
明日のために軒下に避難。避難。





わ、ホントだ@0@!激しい夕立!さすが実盛さん。



明日も晴れて暑くなるでござるよ。
夜には花火も上がるでござるよ。




実盛どん、それは天気予報でなくってお祭りの予告。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-14 20:26 | 袋枝路3番地

これが噂の。。。

スーパーの食品売り場を放浪中、ハッと目に飛び込んできたのは。。。


あらっ?!これが某隠れ家パン屋で、話題のフークレエね!


e0037184_21343785.jpg



ちょっと、明日の朝ごパンにしてみよう。ほらね、ちょっと、好奇心ってやつよ。
[PR]
by rangerstrider | 2007-08-13 21:41 | ぱくぱくもぐもぐ